『総合旅行業務取扱管理者』の勉強におすすめなアプリを紹介します!

『総合旅行業務取扱管理者』の勉強におすすめなアプリを紹介します!

どうも、たった2週間の勉強で『総合旅行業務取扱管理者』の試験に臨んで、撃沈してしまったともたろうです。

▷参考記事 【受験報告】総合旅行業務取扱管理者試験、受けてみましたよ!

▷参考記事 【結果発表】総合旅行業務取扱管理者試験で撃沈した理由を隠さず語ります!

残念ながら合格は来年に持ち越しになってしまったのですが、たった2週間の準備期間でも「旅行業法」「標準旅行業法約款、運送・宿泊約款」の2科目は合格点をとることができました!

独学での勉強で使ったのは「テキスト」「問題集」「アプリ」です。

今日は、独学で総合旅行業務取扱管理者合格を目指す人のために、実際に使った僕がおすすめできるアプリをいくつか紹介したいと思います。

※全てiPhone用アプリとなっています。ご了承ください(´・ω・`)

『総合旅行業務取扱管理者』の勉強におすすめなアプリ

①過去問チェック(試験対策)におすすめアプリ

総合旅行業務取扱管理者試験過去問 平成28年度版

総合旅行業務取扱管理者試験過去問 平成28年度版

  • DAITO KENSETSU FUDOSAN CO.,LTD.
  • 教育
  • ¥240

過去問を解くのには上の3つのアプリがおすすめです。最もおすすめは一番上のアプリですね(有料版ですが…)。理由は、広告表示がなく画面が一番見やすいと感じたからです。

ただ、3つともに言えることですが、0から勉強するのにはアプリでの勉強は適していません。あくまでテキストで基礎的な知識を身に付けた後の、実力チェック用に使ってください。

全く知識がない状態でアプリをやってもちんぷんかんぷんで、効率が悪いと思います。

そう言った意味では、基礎から学べるEラーニング的なアプリがあるといいのですが、無料や格安のアプリでは見つけきれませんでした…。

②難敵「地理問題」対策におすすめのアプリ

僕は国内、海外ともに「地理問題」を舐めてかかって撃沈しました。

「地理問題」は2週間の付け焼き刃の勉強では絶対に倒せません。なんせ出題の範囲が激広いです。テキストの文字だけ見ても全く頭に入ってきません・・・。

おすすめの勉強法は、「観光情報アプリ」や「地理専用アプリ」を使って長い期間をかけてじっくり取り組むことです。

このアプリはおすすめです。

国内や海外の観光地やおすすめスポットの記事が地域別で見れます。例えば「エリア」→「ヨーロッパ」→「スペイン」と選ぶと記事がたくさん載っていて、「読んだらきっと行きたくなる!サグラダ・ファミリアの魅力スポット10」などの記事を読むことができます。

記事には写真もたくさん載っているので、単にテキストを読んで勉強するよりもイメージが湧いて記憶に残りやすいと思います。

また、↓みたいに地理の問題に特化したアプリもおすすめですね。

社会人のための日本地理

社会人のための日本地理

  • JAT LLP
  • 教育
  • ¥600

時間をかけてしっかり勉強しよう。

以上、おすすめアプリを紹介しました。

総合旅行業務取扱管理者試験は範囲がかなり広いので(特に国内&海外の地理)早めに取り組みましょう

観光情報アプリやガイドブック、旅行パンフなどで楽しみながら勉強するのが結果的には近道になると思います。