「思うは招く」植松努さんのスピーチがかっこよすぎて、何でもできそうな気がする!

「思うは招く」植松努さんのスピーチがかっこよすぎて、何でもできそうな気がする!

やる気がわいてくる動画を紹介します!

どうも、まだまだ自分を諦めたくない30代会社員のともたろうです。

僕には2歳になる息子がいます。彼の成長の速度はすさまじくて、昨日できなかったことが今日できるようになったり、できないことにも何度も挑戦しようとしています。

その姿を見ていると「ああ、自分もまだまだやれそうだな」「もっとがんばんなくちゃ」と根拠のない自信や勇気をもらっています。

なので、自分を諦めずもっともっとがんばって家族を幸せにしたいと思っています!

・・・そう思っているんですが、それでもたまに挫けそうな時も正直あります。

「がんばっても、結局は意味ないんじゃないか?」

「やるだけ無駄かも。このままを受け入れるしかないね・・・」

みなさんも、がんばりたいけどやる気が出なかったりがんばれそうにない時ってないですか?

今日紹介するのは、そんなやる気がでないときに勇気をもらえる動画です。もうひと踏ん張りしたいというあなたにおすすめです!

植松努さんの TEDでのスピーチがとにかくかっこいい。

植松努さんという方と知っていますか?

見た目は工場の優しそうなおっちゃんという感じなのですが、めちゃめちゃかっこいい人です!

植松さんは、植松電機の専務取締役を務めながら宇宙開発の事業も行っています。

彼のTEDでのスピーチがとにかくかっこいいんです。見たことない人は騙されたと思ってまずは1回見てみてください。

思うは招く/植松努さん(TEDxSapporo)

www.youtube.com

皆さんは自分が宇宙開発できると思っていますか? 宇宙なんてよっぽど頭が良くないと凄くお金がかかると思い込んでいませんか? 国家事業だと思っていませんか? 誰がそれを教えてくれました?

こんなこと教えてくれるのは、やったことがない人なんです。やったことがない人が適当なやらない言い訳を教えてくれるんです。

そのせいで僕たちは何をしていいのかわからなくなるのです。何が出来るかもわからなくなってしまうです。

だからこそ僕は、「どうせ無理」という言葉を無くそうと思いました。これが無くなったらいじめや暴力や戦争がなくなるかもしれない。児童虐待もなくなるかもしれないと思いました。だから、僕は誰もがどうせ無理だと思っている宇宙開発をしてみようと思ったんです。
(引用:logmi.jp)

皆さんが今日から「どうせ無理」という言葉に出会ってしまった時に「だったらこうしてみたら」と言ってくれたら、ただそれだけでいつかこの「どうせ無理」という言葉が無くなってこの世からいじめも虐待もなくなるんです。

(引用:logmi.jp

そしてこれから先、僕らがやっていくべき事は、できない理由を探すことではない、できる理由を考えることです。ただそれだけで世界はあっという間に良くなるんです。僕の長い話がやっと終わります。僕は、小さい頃から飛行機やロケットが好きでした。でもやったことがない人はできるわけないと散々言いました。母さんは、「思うが招く」と教えてくれました。思い続けたらできるようなりました。だから思い続けるって大事です。

(引用:logmi.jp

「どうせ無理」を「だったらこうしてみたら」に変えよう。

思うは招く。

自分で自分をあきらめて「どうせ無理」とできない理由を考えるのではなく、どうすればできるか、そのできるようになる方法を考えたいものです。

子育ても同じですね。

子供の可能性は無限大。その可能性を奪わないように、きちんと夢を見させられる大人でいたいなって思いました。